食べある記

神保町の和食「三十」

演劇ごはんのお客様の紹介で神保町にある和食屋さん「三十」に行ってまいりました!
「さとう」と読むこのお店の料理人さんは佐藤さんと言い加賀屋で修業を積み二年ほど前にお店をオープンしたようです。
予約のみですが、お料理は美味しくまたリーズナブルにいただけました。
日本酒も取り揃えているようで、和食と日本酒のマリアージュを楽しみたい方にはオススメかと思います!!

前菜

前菜
前菜は、蕪寿司、生麩田楽、ナマコ、芽キャベツの酒盗掛け、いぶりがっこチーズ、金時芋蜜煮です。
どれも美味しいのですが、特になまこは食感がこりこりで大変美味しかったです!
いぶりがっこにはマスカルポーネが挟まっておりました。

椀物

椀物
セリ、ごぼう、ニンジン、ベーコン、などが入っており出汁は昆布とかつおだしのさっぱりしたお吸い物。
塩梅良く、旨味たっぷりのお汁は身体を優しく芯から温めてくれます!

お造り

おつくり
本日のお造りは、鯛、鰤、鱈、でした。
特に今日は鰤が良いのが入ったようで脂のノリが良かったです。
鱈のお刺身は昆布締めしてありタラ子がまぶしてあります。
どれもペロッといけちゃいました。

合鴨治部煮

治部煮
合鴨の治部煮。
甘めの餡がかかっており、アツアツの一品。
ワサビがアクセントとして良い仕事をしています。

鱈南蛮漬け

酢の物
酢の物は鱈の南蛮漬け。
穀物酢を使っているので、酸味の刺激がほとんどなく食べやすいです。
スダチの香りが引き立ちます。

能登ふぐ利休揚げ

揚げ物
ゴマの香りが香ばしく、外はサクッ、中はフワッとした一品。
ここでもスダチが良いアクセントに☆

人参ごはんとあら味噌汁

ご飯もの
あらのお味噌汁は、魚の出汁が良く出てて美味。
あらだけど、上品なお味がします。
人参ごはんは、三種類の人参を賽の目切りにした混ぜご飯。
少し甘めな味付けかな?

和風プリン

和風プリン
こだわり卵と牛乳、みりんで甘みをつけたプリン。
かかってるソースはしょうゆ、しょうが、みりんを煮詰めたソース。
みたらしプリンっていうところでしょうか(笑)

料理人でありオーナーの佐藤さんが、30歳という若さで人柄がとても良いのでお話していて楽しいです。
演劇ごはんやりたかったのですが、店内の構造的に少し難しい。。。
いつか、出張していただいてこのお店のお料理を使った演劇ごはんやりたいなあと思いました!

和Dining 三十
東京都千代田区神田神保町1-14-16根木英光ビル1階
    https://wa-dining30.com/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)